印鑑作成

印鑑の用途に合った書体は?

印鑑の書体にはいくつもの書体がありますが、それぞれに特徴があります。どの書体をどんな用途に使えばいいのでしょうか?古印体(こいんたい)は読みやすい書体で、現代の日本の漢字の書体をベースにしたものです。読みやすい分、印鑑としてのセキュリティは弱いですので、認め印としてよく使われます。
古印体のように読みやすい書体には他に、隷書体(れいしょたいがあります。お札には隷書体が使われていますので、私達にも馴染みのある書体です。古印体と同様、認め印に使われます。行書体(ぎょうしょたい)も同様に、認め印に使われます。もっとも馴染みの深い書体です。篆書体は「漢委奴国王」の金印に使われていて、歴史の重みを感じさせる比較的読みにくい書体です。読みにくいので実印に使われます。「印篆」とも呼ばれ、印鑑の中で最も人気がある書体です。
吉相体(きっそうたい)は「八方篆書」とも呼ばれ、篆書体をベースに作られたものです。篆書体よりも更に読みにくくなっていますので、セキュリティが高く、実印、銀行印として使われます。複雑な形をした書体で力強い印象がある書体です。太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)は、篆書体を文字の部分は細く、外枠を太くしたもので、軽やかなイメージがあります。個人用として女性に人気があります。軽やかなイメージではありますが、枠が太いため強度があります。

印鑑の役割について

意外と多くの人が印鑑の重要性を理解してないというのがあります。それは本来に日本人であればあってはならない事ですが、意外と多くの人が思った以上に印鑑を甘く見ている節があります。特にそれが顕著に分かるのは大事な契約をする時に印鑑を押す必要がある時でも印鑑を押す必要があるのかと平気で言う人がいる時です。こういう人は大事な契約書を交わす時に印鑑を押印する必要がある事を理解していないせいです。
でも、そういう契約書をこれまでに交わす機会があった人なら印鑑の役割はちゃんと理解しているかと思います。ですが、意外と多くの人がそれを理解していないというのが現実です。また、印鑑の重要性を理解していない人の中には上記のように印鑑を押す必要があるのかと印鑑を持ってくる事すらしない人もいれば、逆に印鑑を持ってきてはいてもそれを安易にポンポン押してしまうという人もいます。
そういう人は上記の人とは違った意味で印鑑を押すという行為を甘く見ています。特に借金の連帯保証人なってしまうような人が意外とポンポン印鑑を押してしまいがちです。それはやはり印鑑を押す行為を大した事ではないと思っている証拠です。なのでどんな書類に対しても印鑑を押さないのも簡単に押すのも印鑑の役割を理解していない証拠です。なのでもっと多くの人は印鑑の役割を理解すべきです。

印鑑と通帳両方ないとダメです

最近印鑑についてあらためて知ったことがあります。家賃を毎月の月末に銀行に振り込みに行きます。先月は通帳を忘れてしまったので今月は「通帳を忘れないように」と思っていたせいで、なんとキャッシュカードの方をすっかり忘れてしまいました。通帳だけで振込って出来ないのかな?試みてみましたがダメでした。キャッシュカードなしでの振込の手続きはできませんでした。
では現金をおろして、その現金で振り込み手続きすればいいのではないか?と思いトライしてみました。しかし通帳だけではお金おろせませんでした。通帳と印鑑がセットでないとお金が引き出せないってことを主婦何年目かにして初めて知りました。
あと通帳と印鑑で困ったこともありました。定期預金の事で印鑑と通帳を持って郵便局に手続き行った時のことです。前は通帳の表紙の裏には届出の印鑑を押してありましたよね。しかし郵便局の娘の通帳にはその届け出印鑑が押してある欄がシールで隠されているのです。銀行や郵便局の届け出印がどのハンコだったか覚えていません。結局家にある印鑑3本を全て持って郵便局に行く羽目になりました。届出印が確認できないっていうのは中々不便なものです。多分誰かが通帳を拾って、印鑑を偽造しないために届け出印の表示をやめたのだと思います。一人に一つ、世界に一つだけの印鑑はとても大切なものなのだと実感しました。


重要な書類へのサインなどには必ずといってよいほど印鑑が必要になってきます。もっていないという方は、印鑑はネットショップで買えるようになっていますので、いざというときに困らないように、今のうちに買っておきましょう。ネットショップでも分かりやすいように用途ごとの印鑑を掲載してくれているので、そちらを参考にしながら選ぶといいでしょう。

CONTENTS

TOP